会社概要

ご挨拶

私ども株式会社環境ソリューションは、創業以来廃棄物の適正処理・リサイクルを推進してまいりました。
近年においては環境問題が国際的に取り上げられ、化石燃料の使用が主要因と考えられる二酸化炭素排出量の増大による地球温暖化の悪影響が懸念されています。
そのことにより、弊社では平成23年度より焼却施設の廃熱を利用したコンテナによるオフラインでの熱供給システムを導入し、二酸化炭素排出量の削減に努めております。

また、省エネルギー活動を推進し、未利用熱エネルギーについても有効活用を図り、一層の環境保全と循環型社会形成の一助となるよう取り組んでまいります。
加えて従前より行っております廃棄物からの有価物回収・再資源化を更に推進し、最終処分場での埋立量を削減することにも努めていく所存です。

これからも良好な生活環境・自然環境を保ち、社会にとって必要不可欠な企業としての自覚と責任を持ち、長期持続的に地域社会へ貢献できるよう取り組んでまいります。
今後とも皆様のご指導ご鞭撻の程をよろしくお願い申し上げます。

代表取締役社長 南 秀樹

会社概要

会社名 株式会社 環境ソリューション
設立 昭和55年7月1日
所在地 〒904-2142 沖縄県沖縄市字登川3320番地1
TEL 098-937-8660
FAX 098-937-8611
営業時間 8:00~17:00
資本金 10,000,000円
従業員 55名
決算期 3月
取引銀行 沖縄銀行コザ支店 / 琉球銀行具志川支店 / 沖縄銀行赤道支店 / 沖縄海邦銀行赤道支店
設立 昭和55年7月1日
役員 代表取締役 南 秀樹
認証・登録 ISO9001 : 2008取得
エコアクション21 認証・登録番号0001304


車両保有台数

ダンパー車 7台 バキューム車 2台
4tタンクローリー車 1台 ユニック車 5台
コンテナ車 6台 ダンプ車 1台
パワーゲート車 3台 保冷車医療廃棄物回収車 6台
ヒートコンテナ用牽引車 1台 ヒートコンテナ用荷車 3台
2tキャブオーバー車 1台 1tピックアップ 1台
軽バン 1台 営業車 2台

事業内容

株式会社環境ソリューションは昭和55年に設立、創業以来、一貫して廃棄物の収集運搬・処理を行ってきました。

取り扱っている産業廃棄物は、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、医療廃棄物、動物性残渣、タイヤ類プラスチック類、木くず等廃棄物全般にわたっており、県内全域からの受け入れを担っていて、公共の処理施設等からの一般廃棄物も受け入れています。

今後引き続き循環型社会形成の構築を推進する企業として廃棄物の発生抑制、再利用、再生利用を中心とした事業計画及び社員教育を行っていきます。

経営理念(品質方針)

明日への豊かな価値を創造する環境事業カンパ二ー

基本方針

  1. 当社は、健全な企業活動を通じ、お客様、地域社会、従業員をはじめ、すべての人々に満足を提供します。
  2. 当社は、よりよい地球環境の実現に努め、よき企業市民として社会の発展に貢献します。
  3. 当社は、堅実な経営を行い、適正利益の確保を基として社業の安定を図ります。

行動理念

  1. 私たちは、地域社会とのコミニュヶーションを図り、環境負担軽減に取り組みます。
  2. 私たちは、コンプライアンスを遵守し、社会人として良識ある行動をします。
  3. 私たちは、「安全第一」を心がけ、責任をもって仕事を遂行します。
  4. 新しい技術にチャレンジし、自己啓発に努めます。
  5. 仲間を思いやり、チームワークを大切にします。
  6. 無駄を削り、効率を高めます。
  7. 整理・整頓・清掃を徹底します。

2018年4月1日
代表取締役 南 秀樹

会社の特徴

  1. 大型焼却炉プラント施設を2基所有。
  2. 焼却炉プラント施設からの廃熱を有効活用、熱提供として顧客施設への配達業務。
  3. 県内唯一、顧客二―ズに合った大型廃水処理(事業水への再利用)施設を完備。
  4. 構内施設の修理、改修や施設の工作物を製作鉄工専門部署あり。

事業内容

  1. 公共機関、医療機関や一般事業企業先からの産業廃棄物収集運搬業務。
  2. 弊社構内廃棄物適正保管業務、顧客廃棄物持込みの誘導案内、フォークリフトやその他重機等による積荷や荷下ろし移動等の構内作業業務。
  3. 焼却炉プラント稼働、管理専門業務。
  4. 大型廃水水処理施設への水処理及び管理業務。
  5. 鉄工溶接による工作専門業務。
  • 専門とする各ポジションで各部協調しながら処理業務と産業廃棄物の法律に基づく適正処理の遵守を念頭に置き取扱っています。

人材育成

  1. 外部専門講師を招き、社員全員対象に階層別社員研修会を1年間通し実施します。若手社員から、中堅社員、現場リーダー、幹部役職と各階層別に分け、現在の立場でやるべき事や現場リーダーや幹部役職のマネジメントとしての職責など学んでもらい実務に反映でき現状に合った解り易い研修プログラムです。
    そして女性スタッフへの接遇マナー研修会も盛り込まれおり有意義な社員研修となっております。
  2. 資格取得支援制度があり、やる気のある社員については、入社後の資格取得も可能になり能力向上やスキルアップが図られる。

今後のビジョン

  1. 中長期ビジョンを以て施設計画しています。産業廃棄物の量は毎年増える一方で特に液状、泥状廃棄物の排出需要が増え顧客二―ズ合った処理施設の新設が急務となっておりビジョンの実現のため一歩々進めます。
  2. 従業員の「働き」こそ宝物であり「利益」です、働きやすい職場環境を更に構築して行きます。
  3. 健全経営による利益の確保で会社の永続で従業員とその家族が安心し安定した生活が送れるように今後将来も堅持する。

沿革

1980年(昭和55年)7月 合資会社中部油ヒ汚泥処理施設設立
1980年(昭和55年)9月 産業廃棄物収集・運搬業、処分業許可証 許可第47号
1980年(昭和55年)12月 ロータリーキルン焼却施設操業運転
1984年(昭和59年) 熱分解装置(タイメッツ)設置
1988年(昭和63年)6月 産業廃棄物処理業許可証 許可第173号
1993年(平成5年)9月 産業廃棄物処理施設設置許可証 許可番号 第5-3号
(乾留式焼却施設)
1993年(平成5年)11月 特別産業廃棄物処理業許可証 許可番号第4773010755号
1996年(平成8年)2月 産業廃棄物処理施設設置許可証 許可番号 第7-4号
(乾留式焼却施設)
1998年(平成10年)10月 産業廃棄物処理施設設置 許可番号 第960050号
(ロータリーキルン付多段炉床熱焼方式)
2001年(平成13年)2月 中和処理施設設置
2001年(平成13年)8月 廃水処理施設設置
2001年(平成13年)8月 汚泥の脱水施設設置 許可番号 第960076号
2001年(平成13年)8月 油水分離施設設置 許可番号 第960077号
2001年(平成13年)11月 天日乾燥装置設置
2002年(平成14年)6月 破砕施設設置(廃蛍光管破砕)
2002年(平成14年)10月 フロン類破壊業者許可証 許可番号 14H0053
2002年(平成14年)12月 産業廃棄物処理施設設置 許可番号 第960089号
(乾留ガス化燃焼方式)
2005年(平成17年)11月 油水分離施設設置 (マルチオイルセパレータ)
2006年(平成18年)1月 ISO9001:2008認証取得
2006年(平成18年)7月 法人名称を株式会社環境ソリューション とし、代表者・役員変更
2006年(平成18年)7月 医療廃棄物適正処理推進プログラム(ADPP)へ参加
2007年(平成19年)1月 エコアクション21認証取得
2008年(平成20年)8月 廃油処理業 許可番号 府運総航第252号
2010年(平成22年)2月 廃プラスチック類の破砕施設、木くず・がれき類の破砕施設設置
許可番号 第20080169号
2011年(平成23年)3月 焼却施設設置 許可番号 第21090176号
(向流型ロータリーキルン方式)
2011年(平成23年)5月 トランスヒートコンテナによる熱供給事業開始
2014年(平成26年)12月 廃熱利用蒸気駆動エアコンプレッサ設置導入
2015年(平成27年)3月 破砕機建屋完成
2017年(平成29年)8月 代表取締役、南 秀樹就任(29.8.1付)
2018年(平成30年)4月 フロン類破壊業者許可証 許可29H0118
2018年(平成30年)12月 第13号廃棄物(廃肉骨粉に限る)

取得許可

許可の種類 収集運搬 特管収集運搬 中間処理 特管中間処理
燃え殻
汚泥
廃油
廃酸
廃アルカリ
廃プラスチック
紙くず
木くず
繊維くず
動植物性残さ
ゴムくず
金属くず
ガラス陶磁器くず
鉱さい
がれき類
動物のふん尿
動物の死体
ばいじん
13号廃棄物
動物系固型不要物
感染性廃棄物
廃PCB汚染物
石綿
積替保管の許可
許可の種類 許可番号
産業廃棄物処分業 許可番号第04722010755号
産業廃棄物収集運搬業 許可番号第04712010755号
特別管理産業廃棄物処分業 許可番号第04772010755号
特別管理産業廃棄物収集運搬業 許可番号第04762010755号
一般廃棄物収集運搬業 沖市指令第74号(沖縄市)
一般廃棄物処分業 沖市指令第79号(沖縄市)
一般廃棄物収集運搬業 許可第14号(宜野湾市)
フロン類破壊業 許可29H0118
廃油処理事業 府運総航第53号
古物商許可証 第971050000503号

アクセス

ISO9001:2015

認証書

品質方針

  1. 循環型社会の構築に向けて、地域社会との調和を図り、社員の一致団結を元に顧客満足度の向上に努める。
  2. 顧客ニーズと期待に応えた廃棄物処理のサービス当社の蓄積した技術を駆使して提供する。
  3. 法令を遵守し、施設の充実を図り、品質マネジメントシステムの有効性の継続的な改善を推進する。

エコアクション21

環境方針

当社は、産業廃棄物中間処理業務の事業活動の全域で、環境に優しい社会の実現を目指します。

循環型社会形成及び地球温暖化防止に向けて、地域社会との調和を図り、産業廃棄物の適正処理及びリサイクルに全力を尽くします。

行動指針

当社は、全ての事業活動が環境に何らかの影響を与えていることを認識した上で、廃棄物処理に関する事業遂行能力〔人材・設備・資金・情報〕を駆使し、以下の環境保全活動を推進する。

  1. 廃棄物の適正処理〔収集・運搬及び処理〕の提供等の事業活動において、廃棄物の削減、リサイクル、節水、省エネルギ-活動を推進することにより、環境保全に寄与する。
  2. 国・地方自治体等の環境に関連する規制及び、当社が同意したその他の要求事項を遵守し、継続的に汚染の予防に努める。
  3. 使用する物品や発注する工事について、グリーン調達(環境負荷の出来るだけ小さいものを優先して選ぶ)を積極的に推進する。
  4. トランスヒートコンテナによる熱供給システムを活用し、CO2排出の削減を図る。
  5. 社員全員に対する環境教育を計画的に実施し、環境保全に対する意識の向上に努めるとともに、一人々が良き社会人として行動する。環境方針は全員に周知徹底することはもとより、社外の求めに応じて開示する。

環境方針は、全員に周知徹底することはもとより、社外の求めに応じて開示する。

2018年4月1日
株式会社 環境ソリューション
代表取締役社長 南 秀樹

認証・登録証

環境活動レポート

毎月実施し

社員研修会

弊社では、事業を動かすのは人材と考え、スキルアップを図る目的で組合員の社員教育・安全管理教育・事業研修等を定期的に実施しています。

外部講師を招いて社員対象研修会を実施

ビジネスマナー

ビジネスマナーとして「会社とは何か」「基本の重要性」「職場での心構え」やコミュニケーション、言葉使いの重要性等、継続実施。

女性講師ならではの研修会

グループ会社の事務員を対象に接遇・電話対応・コミュニケーション・挨拶等を女性講師ならではの研修会の実施。

社会奉仕活動

地域社会への奉仕は当然であり実践していることで、我々の事業も成り立っていると理解しています。
これからも地域との協調を図り、助け合いながら社会奉仕活動を積極的に取り組んでいきたいと思います。

社内献血

手術や交通事故などの輸血に必要な赤血球製剤が県内で不足している。県内の不足傾向は近年も続いており当組合及び関連会社は社会奉仕活動の一環として、移動献血車にて過去数回社内献血を行い多くの職員が献血に協力しました。

不法投棄パトロール

中部保健所、うるま市役所、うるま警察署、中城海上保安部、(一社)県産廃協会と共に、毎年恒例のごみ不法投棄等県下一斉パトロールに参加。
管轄地域をパトロールするが相変わらず不法投棄の発生があり、緊急的な課題と考えています。

消火訓練

毎年消火訓練を実施し、今後も業務の一環として継続していく方針です。
私達の私たちの業務は「火気」に関するリスクを抱えいます。
周囲はいつでも起こり得る「火災」と考え、今後とも防火体制の構築を図っていきます。

一斉クリーンデー実施

毎月第4月曜日に実施、地域貢献のひとつとして広範囲に渡り主要道路を丁寧にくまなく、清掃活動を実施しています。